ホーム > 新着ニュース > ひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露


新着ニュース

ひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露

20181203保育所もちつき1-0.JPG

ひばり野保育所が、もちつき大会で歌と踊りを披露

平成30123日(月)、大ホールで開催したもちつき大会で、ひばり野保育所(安田 直美所長)の園児24人が、もちつきの手伝いと、踊りと歌などの披露を行いました。

 

もちつきが始まると、園児たちは、笹島入善町長、関係者らと一緒に、杵を振り上げて餅つきに協力です。

 20181203保育所もちつき1-1,2,3.jpg

すると、周りにいる園児たちから、「ヨイショッ・ヨイショ」の大きな声援。

 

もちつきともちつきの合間には、元気いっぱいの踊りと歌も披露され、入居者様・利用者様は、手をたたいて大喜びです。

 

披露されたのは。

・歌「まつぼっくり」「手のひらを太陽に」

・踊り「勇気100%」「恋のダイヤル6700

・楽器「おもちゃのチャチャチャ」

 20181203保育所もちつき2-0.JPG

「なんて、かわいらしいがけ」

「元気やね」

「見とるだけで、こっちまで元気になってくるわ」

 20181203保育所もちつき3-0.JPG

元気いっぱいの園児たちの歌と踊りのおかげで、もちつき大会は大盛り上がりです。

もちつきが終わってから、園児たちは、おいしそうにつきたての餅をほおばっていました。

 

ひばり野保育所園児・職員の皆様、元気あふれる踊りと歌など、ありがとうございました。

 

 


ページトップ