ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、福祉避難所訓練を実施


新着ニュース

喜楽苑で、福祉避難所訓練を実施

20181107喜楽苑福祉避難所1-0.JPG

喜楽苑で、福祉避難所訓練を実施 

平成30117日(水)、喜楽苑で福祉避難所訓練が行われ、職員の他、町役場、舟見地区関係者、町内福祉施設関係者など、大勢の人が参加しました。

 20181107喜楽苑福祉避難所1-1,2,3.jpg

まず、入善町災害対策本部から舟見寿楽苑へ、舟見交流センターへ避難している要介護者2名の福祉避難所への受け入れ要請の電話。

 

電話を受けて、舟見寿楽苑で、福祉避難所開設について緊急ミーティングを開催。

 20181107喜楽苑福祉避難所2-0.JPG

職員の勤務状況などを確認してから、喜楽苑へ、福祉避難所開設について連絡をし、避難者の受け入れ了承について、町災害対策本部へ電話です。

 

喜楽苑では、職員が、避難所の設営を開始。

受付テーブルや、ベッド2台などを、コミュニティルームに設置します。

 

施設長から、町災害対策本部へ、避難者の受入が完了した旨を電話で連絡。

町では、舟見交流センター待機職員に連絡をし、喜楽苑の受け入れ準備が完了したので、移動開始を指示。

 20181107喜楽苑福祉避難所2-1,2,3.jpg

車を利用した避難者が、喜楽苑へ到着。

受付を済ませてから、名前の確認や血圧等のチェック。

その後、避難者2名を、ヘッドへ移動です。

 

山下事務長が、高村施設長に、避難完了を報告。

高村施設長から、町災害対策本部へ、避難が全て完了した旨を伝えました。

 20181107喜楽苑福祉避難所4-1,2,3.jpg

最後に、高村施設長・町災害対策本部長から、「訓練全般について、スムーズに行われました」との講評がありました。

 

20181107喜楽苑福祉避難所3-0.JPG

 


ページトップ