ホーム > 新着ニュース > ボランティアによる喫茶開店


新着ニュース

ボランティアによる喫茶開店

20181001ヘルス喫茶1-0.JPG

ボランティアによる喫茶開店 

平成30101日(月)、ロビーで、ヘルスボランティアによる喫茶が開店しました。

 

喫茶ボランティアとして活動してくださったのは、鍋谷さんと寺崎さんのお二人。

 

お二人は、年間を通し、喫茶ボランティアとして、一番多く参加してくださっている方です。

そのため、喫茶に関しては、職員以上に何でもご存知。

 

開店予定時間の1時間前には準備を始め、30分前には、いつでも開店できる態勢です。

 

入居者様・利用者様がロビーへ来ると、優しい笑顔で「いらっしゃいませ」。

そして、「コーヒーにされますか、それとも、昆布茶ですか」。

 

「私、コーヒー」

「私には、昆布茶もらえるけ」

 

注文を受けるとすぐに入れ、テーブルへ届けた時に、「熱いので、気をつけて飲んでくださいね」。

熱いのが苦手な方などに、注意することも忘れません。

 

「ごちそうさま」

「おいしかったよ」

 

すると、また笑顔で「また、来てくださいね」。

ボランティアの素敵な笑顔と、楽しいおしゃべりが、喫茶を盛り上げてくださいました。

 

20181001ヘルス喫茶1-1,2,3.jpg 

ヘルスボランティア様のお陰で、とても楽しく、心温まる喫茶になりました。ありがとうございます。


ページトップ