ホーム > 新着ニュース > 入居者様の甥御さんが三味線を披露


新着ニュース

入居者様の甥御さんが三味線を披露

20180820三味線1-0.JPG

入居者様の甥御さんが三味線を披露 

平成30820日(月)、埼玉県秩父市に住む佐々木さんが、3セク広場で三味線と歌を披露してくださいました。

 

佐々木さんの親戚の方が舟見寿楽苑へ入居されており、ぜひ三味線を聞いていただきたいと、わざわざ訪ねてくださいました。

 

持参した三味線は2台あり、曲目によって交換です。

 

最初は、「津軽三味線」からスタート。

入居者様・利用者様は、見事なばちさばきと、その音色に、ただ感心です。

 

次は、三味線を変えて「しととん節」。

曲にあわせ、しんみりとした歌声が会場に響きます。

 

そして、ご存知「越中おわら節」。

三味線の音にあわせ、一緒に歌い始める方も。

 

続いて、沖縄民謡の「安里やユンタ」。

ザーザーという波の効果音もあり、心に染み入るような歌声です。

 

最後は、三味線を変えて「こきりこ節」。

この曲も、知ってる方ばかりですから、三味線に合わせ一緒に口ずさんでいました。

 

20180820三味線1-1,2,3.jpg終わってから、入居者様・利用者様からの声です。

「知っとる曲ばかりやったから、いかったわ」

「三味線の音色って、いいね」

 

「歌も、上手やったよ」

「また、来てもらえんかね」

 

佐々木さんの三味線生演奏と歌のお陰で、入居者様・利用者様は、楽しい午後の一時を過ごすことができました。ありがとうございます。

20180820三味線2-0.JPG


ページトップ