ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、消火訓練


新着ニュース

喜楽苑で、消火訓練

20180717喜楽苑消火訓練1-0.JPG

喜楽苑で、消火訓練 

平成30717日(火)、喜楽苑で消火訓練を行いました。

 

まず、専門業者から消火器の取り扱い方について説明があり、火を消すため一人ずつ的を目がけてレバーを握ります。

 20180717喜楽苑消火訓練1-1,2,3.jpg

あまりにも、火に近すぎると危険。

そして、火が高くあがっていると消すことは無理なので、逃げることを優先せよとのこと。

 

そのような注意事項を頭に入れながら、10人の職員が消火器に挑戦しました。

 

次は、消火栓を使った訓練です。

室内に設置されている消火栓から、ホースを伸ばして、実際に外で放水。

 20180717喜楽苑消火訓練2-1,2,3.jpg

パワーがあるため、それに負けないようしっかり持つことが大事との注意を受け、消火ホースを持ったのは、14人の職員です。

 

注意されたように、ホースへかかる圧力は予想以上のものがあったようで、ホース先端がふらつかないよう、力を入れて持っていました。

 

20180717喜楽苑消火訓練3-1,2,3.jpgその後、受信装置を前にして、業者から火災発生時の流れ等について説明。

参加した職員は、操作方法や、ランプの確認などについて学んでいました。

 

20180717喜楽苑消火訓練2-0.JPG

 


ページトップ