ホーム > 新着ニュース > 節句お楽しみ会


新着ニュース

節句お楽しみ会

20180509節句お楽しみ会3-0.JPG

節句お楽しみ会 

平成3059日(水)、大ホールで節句お楽しみ会を開催しました。

 

毎年5月初旬に開催しており、今年も、あおいばらサークル(山本邦子代表)の方々が歌と踊りを披露。

 

開会時間前から、入居者様・利用者様が集まり始め、みるみるうちに座席が埋まっていきます。

20180509節句お楽しみ会1-0.JPG 

まず、高村施設長が開会のあいさつ。

そして、職員による団体紹介の後、いよいよ開演です。

 

20180509節句お楽しみ会2-0.JPG1曲目は、ご存知「潮来笠」。明るく元気いっぱいの声で、魅了してくれます。

2曲目は、「細雪」の曲にあわせ、しっとりとした踊り。赤い番傘が、踊りのアクセントに。

 

20180509節句お楽しみ会2-1,2,3.jpg3曲目は、2人による「お座敷小唄」。3題目から5題目までが、「ぼけない小唄」との替え歌。

6題目は、替え歌「ぼけます小唄」で、「お金とストレスためる人、ひとの2倍ぼけますよ」って。

 

4曲目は、「人生劇場」の曲を、ろうろうと歌い上げます。

5曲目は、「ヤットン節」。ひょっとこ、おかめの面をかぶった2人が、ひょうきんな踊りを。

 20180509節句お楽しみ会4-0.JPG

6曲目は、「風やまず」を、渋い喉で聴かせてくれます。

7曲目は、懐かしい「星影のワルツ」。透き通った素敵な声で。

 

8曲目は、八尾を題材にした「おはら慕情」を、おわら節の踊りを交えて。

9曲目は、「ふたりの大阪」を、赤いジャケットにブルーのドレスの男女が、デュエットです。

 

20180509節句お楽しみ会3-1,2,3.jpg10曲目は、「ゆめかぜ」の曲にのせて、うっとりするような踊り。

11曲目は、「月がとっても青いから」を、素敵な青いドレスの女性2人で歌います。

 

20180509節句お楽しみ会6-0.JPGそして、12曲目は、名曲「別れの一本杉」を、しんみりと。

 

20180509節句お楽しみ会1-1,2,3.jpg終わってから、ステージのボランティアから、観客への問いかけです。

「みなさん、どうでしたか」

すると、「いかった、よ」の声と、大きな拍手が。

 

20180509節句お楽しみ会5-0.JPG「また、来ていいですか」と問いかけに、間髪を置かず「待っとるよ」の声。

入居者様、利用者様には、歌と踊りが大好評だったようです。

 

あおいばらサークル様のお陰で、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとう、ございます。


ページトップ