ホーム > 新着ニュース > 節分マジックショー


新着ニュース 新着記事一覧を見る

  • 職員募集
  • 天然ふなみの湯 ふれあい温泉
  • ふなみのゆ
  • 寿楽苑だより
  • ボランティア情報
  • 決算報告
  • 一般事業主行動計画
舟見寿楽苑
〒938-0103
富山県下新川郡入善町舟見1664
TEL0765-78-1935
FAX0765-78-1941
jurak273@funamijurakuen.jp
Toyama cafe

新着ニュース

節分マジックショー

20180202マジック2セク1-0.JPG

節分マジックショー

 

平成3022日(金)、2セク広場で、節分マジックショーが行われました。

 

入居者様に大好評の、職員によるマジックショーは、これで3回目。

マジシャンしろくまと、アシスタントの2人が、不思議なマジックを披露です。

 

最初のマジックは、ミスターラビット。

小さなうさぎが、呪文を唱えると、手の中で大きくなって出てきました。

 

20180202マジック2セク1-1,2,3.jpg次は、色の変わるハンカチ。

「ちちんぷいぷい」と、おまじまいを唱え、息を「ふーっ」と吹きかけると、なんとハンカチの色が変わったでは。

入居者様、「えっ、なんで」。

 

続いて、不思議な帽子。

黒いシルクハットの中から出てきたのが、魚、うさぎ。そして、今年の干支の犬です。

犬の絵を見た入居者様から、「あれっ。猫みたいやね」という声も。

 

そして、手の中からハンカチ。

何も持ってなかった手に、息を吹きかけると、出てきたのが赤いハンカチ。

「あれっ。何もなかったがに、ハンカチ出てきたぜ」

 

20180202マジック2セク2-1,2,3.jpg次が、ジャンボコイン。

見せていたのは、普通の5百円玉。

字が小さくて発行年が見えないので、「それでは、大きくします」とのこと。

呪文で、何倍もの大きさになった5百円玉を見せ、「年号は分かりますか」との問いに、大きな声で返ってきたのが「平成24年です」。

 

最後は、不思議な絵本。

キャンディーの描いてある絵本を閉じて、もう一度開けると、中から本物のキャンディーが出てくるでは。

本を開くと、描いてあったキャンディーがなくなっており、ページは真っ白になっていました。

 20180202マジック2セク3-1,2,3.jpg

「皆さんに、このキャンディーを配りますよ」

すると、この日、一番の拍手が沸き上がってきました。

 

 


ページトップ