ホーム > 新着ニュース > クリスマス慰問に、日本基督(キリスト)教団魚津教会から


新着ニュース

クリスマス慰問に、日本基督(キリスト)教団魚津教会から

 

20171223キリスト1-0.JPG

クリスマス慰問に、日本基督(キリスト)教団魚津教会から

平成29年12月23日(土)、日本基督教団魚津教会から、ウェーラー牧師と水島さん、佐藤さんの3人が慰問に訪れました。

 

ウェーラー牧師は、平成17年から毎年、舟見寿楽苑への慰問を続けており、今年が13回目になります。

 20171223キリスト3-0.JPG

職員による紹介の後、ウェーラー牧師から、着ているジャケットについてのことからスタートです。

 

帯2枚から作ったジャケットだそうで、特別な時だけ着ているとか。

すると、参加者していた入居者様から「素敵ですよ」の声が。

 

そして、賛美歌「たみ みな よろこべ」です。

ウェーラー牧師が、一曲目を英語で歌ってから、参加者全員配られた歌詞を見ながら、一緒に。

 

クリスマスの時期、よく耳にする曲ですから、入居者様は4曲目まで上手に歌うことができたようです。

 20171223キリスト1-1,2,3.jpg

その後、ウェーラー牧師からの話し。

・子供たちと老人クラブのクリスマス会で、あったこと。

・クリスマスは、どうして、わくわくするの。

・サンタさんとは。

・サンタの服は、どうして赤いの。

・クリスマスについて。

・生かされているということに感謝を。

・人は、たくさんの人に助けられており、神様が見ている。

などなど。

 

そして、賛美歌「きよし このよる」を全員で合唱です。

3曲目までは、歌詞を見ながら参加者が一緒に。

最後は、ウェーラー牧師が、ドイツ語で歌い上げました。

 

入居者様は、教会の方々による慰問で、本格的なクリスマスの雰囲気に浸ることができたようです。

 20171223キリスト2-0.JPG

日本基督教団魚津教会の皆様、一足早い素敵なクリスマス、ありがとうございました。


ページトップ