ホーム > 新着ニュース > 冬至は、「柚子(ゆず)湯」と「南瓜(かぼちゃ)のえびあんかけ」


新着ニュース

冬至は、「柚子(ゆず)湯」と「南瓜(かぼちゃ)のえびあんかけ」

 

20171222ゆず湯カボチャ1-0.JPG

冬至は、「柚子(ゆず)湯」と「南瓜(かぼちゃ)のえびあんかけ」 

平成291222日(金)、冬至の日にちなんで、入居者様・利用者様に、お風呂は柚子(ゆず)湯を楽しんでいただき、昼食は、南瓜(かぼちゃ)を召し上がっていただきました。

 

湯船の中には、大きな柚子が浮いています。

その柚子は、役員が寄付してくださったもので、通常の何十倍もの大きさがある、珍しいもの。

 

入浴した入居者様、その柚子を抱きかかえるようにして、なでながら。

「あったまるし、いい香りやわ」

「それにしても、でかい柚子(ゆず)やね」

 

20171222ゆず湯カボチャ2-0.JPG昼食は、厨房職員が腕を凝らした、南瓜(かぼちゃ)のえびあんかけ。

冬至に南瓜を食べ、寒い冬、風邪など引かないように、との心が込められています。

 

そして、柚子(ゆず)が入った菜の花の和え物。

柚子(ゆず)が味のアクセントとなり、春を予感させる菜の花が食欲をそそります。

 

また、アツアツの雑炊が、体をぽかぽかと温めてくれます。

デザートは、ヨーグルト和え。20171222ゆず湯カボチャ3-0.JPG

 

今日は、柚子(ゆず)湯と、南瓜(かぼちゃ)等の昼食で、冬至を楽しんでいだけたようです。


ページトップ