ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、ゲーム体験会


新着ニュース

喜楽苑で、ゲーム体験会

 

20171211ダイナム1-0.JPG

喜楽苑で、ゲーム体験会 

平成291211日(月)、喜楽苑のコミュニティルーで、(株)ダイナムによるゲーム体験会が行われました。

 20171211ダイナム1-1,2,3.jpg

この日は、(株)ダイナム富山県内の店舗などから14人の社員が参加。

富山県内の施設としては、初めて開催された体験会だそうです。

 

20171211ダイナム3-1,2,3.jpgゲームが始まる前、社員の方々が、職員から車イスの操作方法などについて事前勉強です。

注意する点などを聞いてから、広場などへ入居者様を出迎えに。

 

職員が開会を述べた後、(株)ダイナムから、代表者のあいさつとそれぞれ自己紹介。

 

そして、いよいよスマートボール、的あてゲーム、マジックが始まりました。

 20171211ダイナム2-1,2,3.jpg

昔懐かしいスマートボールは、ゲーム機を持ち込みです。

「入るか、入るか」

「わーっ。入ったよ」

 

ところが、ボールが下へ落ちると。

「あっ。惜しい」

「もう、ちょっとやったがに」

 20171211ダイナム4-1,2,3.jpg

「おっ。1発目から入ったよ」

「あれ。2発目も」

続けて入ると、きょとんとした表情の入居者様も。

 

20171211ダイナム7-0.JPG的あてゲームは、上段と下段にある2か所の的目がけて、ボールをポイッ。

狙ったところへ、くっつくと。

「あたったよ」

「いかった、いかった」

 

「でしたら、ちょっと難しい上狙ってみますか」

「よっしゃ」

 

「あらー、あたらんわ」

「惜しかったですね。もうちょっとでしたよ」

 

20171211ダイナム8-0.JPGそして、マジックは、社員の人が見事な技を披露です。

不思議、不思議、首が落ちてしまうマジック。

カードやペット、ハンカチや封筒マジックなど盛りだくさん。

 

「すごいね」

「どうして、ああなるがいろ」

「首、落ちたぜ」

 

中には、種明かしされたマジックもあり、それを見て。

「なんや、そうやったがか」

 20171211ダイナム6-1,2,3.jpg

最後は、二人による首がグルグル回るマジック。

それを見て、笑いながら「あれ、あれっ」。

プロに劣らない本格的なマジックで、入居者様はびっくりです。

 

入居者様は、3グループに分かれ、交替で2つのゲームとマジックを楽しんでいました。

 

そして、社員の人の指導による唱歌「ふるさと」を全員で歌った後、(株)ダイナムから、入居者様全員へプレゼントが贈呈。

 20171211ダイナム9-0.JPG

(株)ダイナムの代表からあいさつの後、板川介護長代理がお礼の言葉を述べ、全員で記念写真撮影。

 

その後、社員の方々が、入居者様の車イスを押し広場などへお連れしました。

 

入居者様からの声です。

「明日も、また来てもらわんと」

「ご苦労さまでした」

「ありがとう、いかったよ」

 20171211ダイナム5-1,2,3.jpg

(株)ダイナム様、ゲームとマジックで、久しぶりに楽しい時間を楽しむことができました。ありがとうございました。

 


ページトップ