ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、秋の味覚


新着ニュース

喜楽苑で、秋の味覚

 

20171020秋の味覚喜楽苑1-0.JPG

喜楽苑で、秋の味覚

 

平成291020日(金)、喜楽苑でサツマイモのスイーツ作りをし、秋の味覚を楽しみました。

 

ふかした芋、芋きんちゃく、そして、芋ペーストにしたものの3種類が準備され、飲み込みにくい入居者様にも召し上がっていただけるよう配慮。

 

サツマイモは、この秋に収穫された物で、30分以上かけてふかしたものです。

どれもが、温かくて、ほくほく。

 20171020秋の味覚喜楽苑3-0.JPG

入居者様の声です。

「やっぱり、富山県産のサツマイモ、おいしいわ」

 

「子供の頃、生でそのまま食べたことあるよ」

「昔って、サツマイモしかなかったもん」

「今、ケーキやとか、カステラなんかあるもんね」

 20171020秋の味覚喜楽苑1-1,2,3.jpg

「サツマイモ、皮のまま食べると、胸やけせんがいと」

「芋のきらいな人って、おらんもん」

 

「サツマイモ、どこの家でも畑に植えとったもんやよ」

「家族で、とりに行ったがいぜ」

 20171020秋の味覚喜楽苑2-0.JPG

「サツマイモは、食べておいしいし、健康にもいいがよ」

「秋は、サツマイモ食べんと始まらんわ」

 

小皿で出されたサツマイモは、あっという間にお腹の中へ。

入居者様の笑顔が、いつにも増して輝いている広場でした。

20171020秋の味覚喜楽苑4-0.JPG


ページトップ