ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で川城一彦歌謡ショー


新着ニュース

喜楽苑で川城一彦歌謡ショー

 

20171011喜楽苑川城ショー1-0.JPG

喜楽苑で川城一彦歌謡ショー

 

平成291011日(水)、喜楽苑のコミュニティルームで、川城一彦歌謡ショーを開催しました。

 

川城一彦さんによる歌謡ショーは、入居者様に大好評で、今回が3回目になります。

 

まず、入善町新屋出身の歌手津村謙さんの懐かしい曲「上海帰りのリル」からスタート。

 

会場から、曲にあわせて大きな手拍子がわき起こります。

そして、一緒に口ずさむ入居者様も。

 

20171011喜楽苑川城ショー1-1,2,3.jpg続いて、「待ちましょう」と「女心」。

透き通った高音が、聴かせてくれます。

 

その後、衣装替えし、歌声だけでなく、ステージ衣装でも魅了。

 

新しい衣装で、歌ったのが「南部蝉しぐれ」「お岩木山」「ふるさと」。

 

終わった途端、大きな声で「アンコール」の声が。

大人気の「上海帰りのリル」が、アンコール曲として披露されました。

 20171011喜楽苑川城ショー3-0.JPG

川城さんと握手をしてから、名残惜しそうに部屋や広場へ戻る入居者様。

 

入居者様の感想です。

「また、来て欲しいわ」

 

「川城さん、行かないで」

「どうぞ、泊まっていって、ください」

 

「楽しかったわ」

「すてきな、歌声やもん」

 

「いかったよ」

「ものすごく上手や」

 

「次が、待ち遠しいわ」

「やっぱり、リルの曲がいいね」

 

「川城さんは、喜楽苑のアイドルやわ」

 

20171011喜楽苑川城ショー2-1,2,3.jpg川城一彦様、入居者様の心に残る歌謡ショー、ありがとうございました。

次回の慰問を、今から、楽しみにしております。

 

 

 


ページトップ