ホーム > 新着ニュース > 集いの会で、大きなちぎり絵作り


新着ニュース

集いの会で、大きなちぎり絵作り

 

20170929装飾作り2セク1-0.JPG

集いの会で、大きなちぎり絵作り

 

平成29929日(金)、集いの会が2セク広場で開かれ、ちぎり絵作りが行われました。

 

秋の装飾品を、入居者様に作っていただき、交流を深めながら楽しんでいただこうと企画されたものです。

 

20170929装飾作り2セク1-1,2,3.jpgみんなで作ったのは、大きなちぎり絵。

金色のお月様と、手前に供えられた白いダンゴ。

そして、夜空には、細かな星が輝いており、本物のススキが2本飾られています。

 

作業をしながらの、入居者様の声です。

「ここに、貼ってきゃ、いいがけ」

「うん。そこでいいが」

 

「糊、つけんにゃ」

「紙足りんよ、どこにあるが」

 20170929装飾作り2セク2-0.JPG

「糊、ついとるね」

「この紙、ちょっと、でかすぎるがで、ないが」

 

「こんど、どこに貼るが」

「空いとる、そこやちゃ」

 

「何が、できるがけ」

「なんやろ、楽しみやね」

 

「手にひっつくわ。ありゃりゃ」

 20170929装飾作り2セク2-1,2,3.jpg

「できた、できた」

「こりゃあ、月見のダンゴやねか」

 

「一生懸命やった、価値あったわ」

「下に、本物のススキ、あるがいね」

 

出来上がったちりぎ絵は、2セク広場に飾られています。

機会がありましたら、入居者様の努力の結晶を、どうか見に来てください。

 

20170929装飾作り2セク3-0.JPG


ページトップ