ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑に亀の剥製が寄贈


新着ニュース

喜楽苑に亀の剥製が寄贈

 

20170613喜楽苑亀の剥製1-0.JPG喜楽苑に亀の剥製が寄贈

 

平成29年6月13日(火)、喜楽苑に寄贈された亀の剥製を、廊下に展示しました。

 

とても大きな剥製で、入居者様も「こんな大きいが、あるがいね」。

 

「亀にさわると、長生きするがいって」

「そやそや。亀は、万年って言うからね」

 

「なら、私も」と、笑顔で亀の甲羅を、両手ですりすり。

 

亀の後ろには、入居者様などが描いた、入道雲と麦わら帽子の女の子。

そして、砂浜と地平線。

亀が、まるで青い海の中を、ゆうゆうと泳いでいるようです。

 

亀は、喜楽苑へ一足早い夏と、長生きの元を運んできてくれたようで、ご寄付くださった匿名の方ありがとうございました。

20170613喜楽苑亀の剥製2-0.JPG


ページトップ