ホーム > 新着ニュース > 生涯現役めざし隊が、体操ボランティア


新着ニュース

生涯現役めざし隊が、体操ボランティア

 

20170525デイめざし隊1-0.JPG生涯現役めざし隊が、体操ボランティア

平成29年5月25日(木)、入善町生涯現役めざし隊(長谷川孝一隊長)による、体操ボランティアが行われました。

 

ボランティア3人が、交互に指導。

体操の指導してくださったのは、東瀬さん、左郷さん、宮下さんの3人です。

 

最初は、新聞紙を丸めて作った棒を使っての体操。

 

そして、後出しじゃんけんでは、勝つのも負けるのも難しく、頭を抱える姿も。

 

右手はぐー、左手はパー。

左手は、机をトントンとたたき、右手は、机をさすります。

それを、同時にやってくださいと言われても、そう簡単なわけには。

 

次は、その場で足踏み。

1、2、3と声に出しながら足踏みをし、3で、そのまま足を止めます。

少し時間が経ってから、4と言って足を下ろすのですが、片足で我慢するのはなかなか。

 

「さわやかあいうえお」では、大きな声を出してゆっくり、字を読んでいきます。

大きな声を出すのも、いい運動になったようです。

 

ぐーとちょきで、でんでん虫の歌。

いつも、ぐーが上で、歌いながら、上下の手を換えていきます。

簡単そうでも、実際にやると、それがなかなかどうして。

 

うさぎとかめの歌にあわせ、左手が右側の肩、右手が左側の肩をたたきます。

たたく数は、8つ、4つ、2つ。そして最後に、正面で、両手をあわせてパンと一つ。

一緒に、「いち、に、さん」と声に出しながらやると、なんだく楽しくなって来たよう。

 

最後に、背伸びしながら深呼吸をすると、頭も体もすっきりです。

 

生涯現役めざし隊様、頭と体を使う体操の指導、ありがとうございました。

 

20170525デイめざし隊1-1,2,3.jpg

20170525デイめざし隊2?0.JPG


ページトップ