ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、生涯現役めざし隊が、体操ボランティア


新着ニュース

喜楽苑で、生涯現役めざし隊が、体操ボランティア

20170419喜楽苑体操1-0.JPG喜楽苑で、生涯現役めざし隊が、体操ボランティア

平成29年4月19日(水)、喜楽苑で入善町生涯現役めざし隊(長谷川孝一隊長))2名による、体操などのボランティア活動が行われました。

体操指導してくださったのは、東瀬さんと湯野さんの2人です。

 

最初は、脳活グー、チョキ、バー体操。

ボランティアの掛け声で、グー、チョキ、パーを出すのですが、途中から出す順番が逆になったり、右手と左手が反対になったりと複雑に。

そして、スピードが上がってくると、ついていくのが大変。

 

次は、後出しジャンケン。

後出しでも、ボランティアに勝つのと負けるの、両方とも簡単ではなく、「あれ、あれっ」と言う声が、聞こえていました。

 

そして、ストローを口にくわえ、輪を隣の人に渡すゲーム。

口で渡すのが難しい入居者様は、手を使ってもいいとのことでしたが、普段やったことのない口の体操で、顔を右側に向けたり、左側に向けたりです。

もらったストローは、おみやげとして持ち帰りOK。

 

最後は、みんなで歌の合唱。

「さくら」「北国の春」「こいのぼり」大きな声で、3曲メドレーで歌いました。

 

生涯現役めざし隊様、体と頭を使う体操の指導、ありがとうございました。

 

20170419喜楽苑体操1-1,2,3.jpg


ページトップ