ホーム > 新着ニュース > ひばり野苑 ひな祭りの会


新着ニュース

ひばり野苑 ひな祭りの会

0309ユニットひな祭りの会1-0.JPG0309ユニットひな祭りの会1-1,2,3.jpegひばり野苑 ひな祭りの会 

平成29年3月9日(木)、ユニット広場でひな祭りの会が行われました。

入居者様が、ひな飾りの前に集まり、みんなで楽しい一時を過ごそうというもの。

 

職員は、色とりどりのバンダナを頭に巻き、顔には何やら化粧らしきものも。

そして、お面に着物姿の誰かが、大きな声で「私は、もも太郎だ」と。

 

バンダナの職員は、桃太郎の家来、「犬」「猿」「キジ」に扮しており、化粧だと思のは、鼻の下やほっぺたに、ひげなどの書き込みでした。

 

最初のゲームは、桃太郎の歌に合わせての、ジャンケンです。

桃太郎と家来が、歌に合わせたダンスの後、大きな声でジャン、ケン、ポン。

 

勝った入居者様には、犬、猿、桃太郎などから、素敵なものがプレゼント。

顔を抱えられ、チューの真似なのですが。

入居者様「キャー、キャー」と、嬉しい悲鳴です。 

 

ジャンケンが終わると、桃太郎とお供の犬、猿、キジたちは、「えい、えい、おー」と勝ちどきを上げ、鬼ヶ島へ向かっていきました。

 

次は、過去1年間に撮った行事等の写真を、大きなスクリーンに写します。

「あれ。あんた、やねか」

「そやそや。新幹線、見にいったよね」

 

自分の顔を見て「は、は、はっ」。

中には、スクリーンの自分の顔を見て、恥ずかしくなったか顔をタオルで隠す入居者様も。

 

そして、おやつの時間です。

ロールケーキに、赤いさくらんぼ。そして、プリンも。

飲み物は、ジュースなどが準備されていたのですが、待ちきれずに、ケーキに手を伸ばす入居者様が何人も。

 

最後は、春の歌で、「うれしいひなまつり」「はるよこい」「みかんの花」「花笠踊り」「ふるさと」。

 

用意してあった歌詞を見ながら、口を大きく開けて歌っていると、職員から、「上手やから、合唱団作らにゃならんね」。

0309ユニットひな祭りの会2-0.JPG0309ユニットひな祭りの会2-1,2,3.jpeg


ページトップ