ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、生涯現役めざし隊が体操指導


新着ニュース

喜楽苑で、生涯現役めざし隊が体操指導

 

20180808喜楽苑めざし隊3-0.JPG

喜楽苑で、生涯現役めざし隊が体操指導 

平成3088日(水)、喜楽苑で、入善町生涯現役めざし隊による、体操などの指導が行われました。

 

ボランティアとして参加したのは、東瀬さん、左郷さん、宮下さんの3人です。 

3人は、これまで何回も体操指の指導などを行っており、入居者様もご存知の方ばかり。

 

まず、左郷さんの歌に合わせ、宮下さんの指導による肩や足などをたたく運動から開始です。

・しょじょじ

・シャボン玉

・北国の春

知ってる曲ばかりなので、一緒に歌い出す入居者様も。

 

次は、左郷さんの、指の運動とグーチョキパー体操。

右側の指から数えていき、それを両手同時に行います。簡単そうにみえて、それが、なかなか。

グーチョキパー体操では、最初、グーチョキパーだったのが、パー、チョキ、グーなどと変わっていくと、ついていくのが大変。

 

そして、東瀬さんによる棒を使った運動。

両手で握った棒を、上下左右へ大きく動かします。

久しぶりに、体を大きく動かす入居者様も、いらしたようです。

 

続いて、宮下さんによる肩たたき。

左郷さんによる、もしもしかめよの歌に合わせて、手足を動かす運動です。その場で足踏みなどを行い、最後に手を、前でポンと。

 

次が、東瀬さんによる、後出しジャンケン。

相手に負けるのが、難しく、「あれあれっ」と。

入居者様には、勝つ方が、やはり簡単なようでした。

 

最後は、宮下さんによる整理体操。

体を大きく動かして、呼吸を整えます。

 20180808喜楽苑めざし隊1-1,2,3.jpg

入善町生涯現役めざし隊様、入居者様は、体操などのお陰で思い切り手や足を動かすことができたようです

ありがとうございました。

 

20180808喜楽苑めざし隊1-0.JPG


ページトップ