ホーム > 新着ニュース > こぶしカラオケ愛好会が、カラオケ慰問


新着ニュース

こぶしカラオケ愛好会が、カラオケ慰問

20180711こぶしカラオケ2-0.JPG

こぶしカラオケ愛好会が、カラオケ慰問 

平成30711日(水)、大ホールで、こぶしカラオケ愛好会(高本孝司会長)による、カラオケ慰問が行われました。

 

こぶしカラオケ愛好会は、20年間以上に渡り、毎年7月に慰問を行っており、7人の会員の方々が自慢の喉を披露してくださいました。

 

職員による団体紹介の後、カラオケの時間が開演です。

 

20180711こぶしカラオケ1-1,2,3.jpg「星影のワルツ」

しっとりと歌い上げます。

 

「金沢の雨」

紫色のドレスが素敵、優しい歌声です。

 

「ブルーシャトウ」

リズミカルで軽やかに、聴かせてくれます。

 

「大阪ラプソディー」

元気いっぱい、手拍子がわき起こります。

 

20180711こぶしカラオケ2-1,2,3.jpg「お立ち酒」

朗々と歌い上げ、心に響くよう。

 

「水色のワルツ」

切々と、透き通った歌声。

 20180711こぶしカラオケ6-1,2,3.jpg

「ふたり咲き」

まるで、絞り上げるような渋い歌声です。

 

「孫」

優しさあふれる歌声が、聴かせてくれます。

 

「大阪しぐれ」

心のこもった歌い方が、素敵。。

 20180711こぶしカラオケ3-1,2,3.jpg

「おさげと花と地蔵さんと」

高音で、伸びやかな歌声です。

 

「ガード下の靴みがき」

語りも入った、懐かしい曲。

 20180711こぶしカラオケ4-1,2,3.jpg

「流れて津軽」

歌の心を、感じられる歌い方です。

 

「津軽のふるさと」

高音が、何とも言えません。

 20180711こぶしカラオケ5-1,2,3.jpg

「中の島ブルース」

元気いっぱいの歌声が、会場に響きます。

 

「トンコ節」

ひょうきんなしぐさと、歌のかけあいが。

 

そして、最後の「ご一緒音頭」は、全員ステージに勢揃いして歌ってくださいました。

 20180711こぶしカラオケ1-0.JPG

こぶしカラオケ愛好会様、懐かしくも楽しい時間と、素敵な歌声をありがとうございました。


ページトップ