ホーム > 新着ニュース > 手作りマスクが寄贈


新着ニュース

手作りマスクが寄贈

20200323手作りマスク1-0.JPG

手作りマスクが寄贈 

令和2323日(月)、入居者様に関係する方から、施設で使ってくださいと、たくさんの手作りのマスクが寄贈されました。

 

今、新型コロナウィルス感染症拡大のため、マスクの入手が大変困難な状況。

そのような中、ご寄贈いただいたマスクは、誰でも使えるよう、大きなものと、小さなサイズに分かれています。

 

また、花柄や水玉など、きれいな模様のあるガーゼ生地が使われており、洗えば何回も使用することが可能。

 

そして、マスクの上下もきちんと考慮されており、鼻にあたる部分はそこだけが高くなっています。

 

直線縫いだけではなく曲線もあるため、切断と縫製は難しかっただろうことが手にしただけでも伝わり、マスクを作った方は、きっと現役で縫製に携わっている方か、専門の経験のある人のどちらか。

 

店先に置かれても、すぐに売り切れてしまうような出来栄えのマスクは、使用するのがもったいないくらいです。

 20200323手作りマスク1-1-3.JPG

1枚ずつ丁寧に心を込めて作られたマスクは、施設内で大切に使わせていただきます。

マスクをご寄贈いただき、本当にありがとうございました。

 

 


ページトップ