ホーム > 新着ニュース > 一般職員・臨時職員を対象にした第4回身体拘束研修会を開催


新着ニュース

一般職員・臨時職員を対象にした第4回身体拘束研修会を開催

20200212一般研修1-0.JPG

一般職員・臨時職員を対象にした第4回身体拘束研修会を開催

 令和2年2月12日(水)、午前9時から、研修室で一般職員と臨時職員を対象にして、第4回目の身体拘束に関する研修会を開催しました。

まず、虐待の種類などについて詳しく解説です。

 また、特別養護老人ホームや有料老人ホームの現状と、施設における看取りなど、家族と職員との感覚の相違点などについて、参加者へ質疑を交えながら講義。

 

その後、介護職員等特定処遇改善加算内容の説明が行われた際には、職員から質問も。

 20200212一般研修1-1-3.JPG

最後に、人事考課と、その課題などについて講義が行われ、参加した職員は真剣なまなざしで聴き入っていました。


ページトップ