ホーム > 新着ニュース > 「いきいきとやま・第30回健康と長寿の祭典」で九里介護長が大会長表彰


新着ニュース

「いきいきとやま・第30回健康と長寿の祭典」で九里介護長が大会長表彰

 

20171108九里介護長表彰1-0.JPG

「いきいきとやま・第30回健康と長寿の祭典」で九里介護長が大会長表彰

 

平成29118日、富山県民会館で、いきいきとやま・第30回健康と長寿の祭典が開催されました。

 

式典の席上、九里真砂美介護長が、施設福祉功労者として、馬瀬大助大会長から表彰状と記念品を授与されました。

 

九里介護長は、昭和614月、社会福祉法人舟見寿楽苑に特養課介護職員として就職。

その後、ショートステイ係長、特養課長などを経て、平成284月から介護長を務めています。

 

20171108九里介護長表彰4-0.JPG九里介護長は、これまで、接遇委員長として接遇マニュアルの作成、排泄マニュアルの統一化、各種委員会の開催提案など、数多くの業務改善等に取り組み、その実績を積み重ねて来ました。

 

現在は、社会福祉法人舟見寿楽苑における介護部門の長として、施設全体の介護のレベル向上と、後進の育成に努めています。

 

20171108九里介護長5-0.JPG近年は、専門的な知識と経験から、町内外各種団体等からの依頼により研修会の講師を務めるなど、その活躍の場を広げています。

 

これらの功績が認められ、このたびの大会長表彰となりました。

 

20171108九里介護長表彰3-0.JPG

 

 


ページトップ