ホーム > 新着ニュース > 喜楽苑で、「おしん」「最後の絶唱全25曲 美空ひばり」上映会


新着ニュース

喜楽苑で、「おしん」「最後の絶唱全25曲 美空ひばり」上映会

20210121映画喜2-0.JPG

喜楽苑で、「おしん」「最後の絶唱全25曲 美空ひばり」上映会 

令和3121日(木)午後130分から、喜楽苑の広場で「おしん」「最後の絶唱全25曲 美空ひばり」の上映会を開催しました。

 

昭和58年に放送された、NHK連続テレビ小説の第102106話です。

 

田倉商店を改造し、子供服の製造と販売が始まることになった。

20210121映画喜1-1-4.JPG

ところが、開店初日、売れたのはドレス2着とスカート1枚だけ。

そして、10日経っても、子供服はさっぱり売れず、そこへやって来た男性2人が、品物の確認を始めた。

20210121映画喜2-1-4.JPG

男たちは、呉服、家具、雑貨などを取り扱う大野屋の仕入れ担当社員で、その2人が、おしんが作った子供服を、店で売らせてもらえないかと言うのだ。

20210121映画喜3-1-4.JPG

そして、その話は竜三から申し込んだのだと。

おしんの子供服は、大野屋で飛ぶように売れ、日30着納品してもらいたいとの注文が大野屋から届いた。

 

翌日、竜三から頼まれたのだと、縫子4人がやってきた。

20210121映画喜4-1-4.JPG

しかし、おしんは何も聞いておらず、間違いだろうと話していたとき竜三が戻り、頼んだ人だと紹介。そして、竜三が手配した中古のミシン3台も届いた。

 

その後、5台のミシンを入れ、小さな作業場を建てることになるほど、注文が殺到したのである。

20210121映画喜5-1-4.JPG

竜三は、中学校の制服の注文を取ってきたと言い、指定業者になれば年間200着納めることになるのだと。

 

「おしんの子供服、売れたがいね」

「でも、竜三その気になって、でかすぎること考えたら、ダメやちゃ」

20210121映画喜6-1-4.JPG

「美空ひばりの歌も、いかったわ。知っとる歌、ばっかりやったもん」などと。

20210121映画喜1-0.JPG

 


ページトップ