ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、「鬼平犯科帳 むかしの男」上映会


新着ニュース

1階広場で、「鬼平犯科帳 むかしの男」上映会

20210921映画1F1-0.JPG

1階広場で、「鬼平犯科帳 むかしの男」上映会 

令和3921日(火)午前10時から、1階広場で「鬼平犯科帳 むかしの男」上映会を開催しました。

 

平成元年1220日放送、中村吉右衛門、鹿内孝、亀石征一郎、小林かおり、多岐川裕美他出演。

20210921映画1F1-1-1.JPG

平蔵は、幕府の命により甲州へ出張していた。

甲斐、信濃の二州に渡って悪事を働いている、犬目の伝次郎の逮捕がその目的だった。

 

ある日のこと、平蔵の留守を守る妻久栄のもとに一通の手紙が届いた。

差出人の名は、近藤唯四郎で、かつて久栄を口説いて、捨てた男であった。

20210921映画1F2--4.jpg

平蔵と同じ、本所の旗本の出でありながら、人を殺めるなどして身を持ち崩し、今は盗賊の用心棒になっていた。

20210921映画1F3-1-4.JPG

近藤の狙いは、久栄の過去をネタに、捕えられた盗賊のひとり、砂吉を釈放することだった。

 

久栄は、毅然として要求をはねつけた。だが、近藤は盗賊の一味らとともに、久栄の姪妙と、女中しのを誘拐。

20210921映画1F4-1-4.JPG

期限までに、久栄ひとりで砂吉を連れてこなければ、ふたりの命はないと脅迫してきた。

意を決した久栄は、火付盗賊改方の御用部屋へと。

20210921映画1F5-1-4.JPG

「昔のことで、久栄をゆするなんて、悪い奴や」

「久栄、心は優しいけど、芯の強いとこあるがやね」

20210921映画1F6-1-4.JPG

「最後、鬼平が近藤に話すが聞いて、ほろっとしたわ」などと。

 

20210921映画1F2-0.JPG


ページトップ