ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20210323映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和3323日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」上映会を開催しました。

 

昭和59NHK総合テレビで放送された、第293295話です。

 

仁がおしんへ、自分が甲斐性のない男だから、道子が離婚を決めたのだろうと。

20210323映画1F1-1-4.JPG

そして、並木との交渉がうまく行かなかったときから、道子は、おしんの面倒を放棄しており、それが許せないと。

 

仁の娘二人は、母の道子に、離婚したら父仁のところにいるからと。

20210323映画1F2-1-4.JPG

その晩、仁が道子に、二人きりで話したいからと言い、仁は道子に、離婚したくない旨を、心を込めて伝えた。

 

すると、道子は、その言葉を待っていたと。

20210323映画1F3-1-4.JPG

スーパーたのくらの従業員たちが、見切りをつけたのか10人ほどが辞めていった。

20210323映画1F4-1-4.JPG

初子が、希望と初子の家の権利書を持ってきて、これを使ってくれと仁に渡した。

しかし、仁は、受け取れないと、そのまま返した。

 

そして、仁は、資金繰りのめどが立たず、田倉を整理すると。

20210323映画1F5-1-4.JPG

「仁と道子、離婚せんでいかったね」

「でも、とうとう、スーパーたのくらダメになったがや」

20210323映画1F6-1-4.JPG

「おしん、浩太に会いに頼みにいったがに」などと。

 

20210323映画1F2-0.JPG


ページトップ