ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20210126映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和3126日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」上映会を開催しました。

 

昭和5859年にかけてNHK総合テレビで放送された、第269271話です。

 

おしんが、希望の師匠に、賞を取れたお礼と、独立のお願いにやって来たと伝えると、喜んで力になるとの返事。

20210126映画1F1-1-4.JPG

希望が百合に、おしんが独立の許可を師匠からもらって、師匠が窯を作る土地も探してくれるのだと。

 

仁が、希望へお金を回す余裕はない、とおしんに言った。

20210126映画1F2-1-4.JPG

ある日、包丁を振り回しながら、社長を出せと、女がやって来た。

家の者をだまして、家や土地を奪われたのだと。

20210126映画1F3-1-4.JPG

警察がやって来て、その女を連れて行ったのだが、おしんは何もなかったらと、頼んでその女を釈放してもらった。

20210126映画1F4-1-4.JPG

おしんは、初子のためにと大切にとっていた株券を浩太に渡し、融通してもらえぬかと頼んだ。

 

そして、その金で、希望に窯を持たせてやりたいのだと。

20210126映画1F5-1-4.JPG

 

「希望、やっと独り立ちできるように、なったがやね」

「仁、おしんの許しをもろてから動いたらいかったがに。だから、叩かれたがやわ」

20210126映画1F6-1-4.JPG

「おしん、希望に窯持たせるが夢やったから、一安心やちゃ」などと。

20210126映画1F2-0.JPG


ページトップ