ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20210105映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和315日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」上映会を開催しました。

 

昭和5859年にかけてNHK総合テレビで放送された、第260262話です。

 

昭和31315日、田倉商店はセルフサービスの店が開店した。

20210105映画1F1-1-4.JPG

翌朝、商店街の役員3人がやって来て、他の店に影響が出ているから安売りを自粛してもらえないかと。

20210105映画1F2-1-4.JPG

おしんは、どんなものをどんな値段で売ろうが自由のはずで、これからもその考えは変えないと答えた。

そして、営業時間を夜7時までとし、総菜を売ることにした。

20210105映画1F3-1-4.JPG

3日間の開店記念セールは、盛況に終わった。

 

台所で禎と初子が総菜を作りながら、これは母さんの味で、きっと売れると。

禎は、総菜が売れて、商売が楽しくなったと。

20210105映画1F4-1-4.JPG

仁が、禎と辰則を、店のため結婚させ結婚させたいと言い始めた。

そして、禎に、店の経営が苦しく、結婚し店を手伝ってくれないかと。

20210105映画1F5-1-4.JPG

禎は、翌日、初子にだけ伝えて、名古屋へ戻ってしまった。

20210105映画1F6-1-4.JPG

ある日のこと、小学生が店の商品を盗み、つかまえて学校へ知らせた。

 

「新しいスーパー、やっとできたね」

「本人の気持ちもあるがやし、禎と辰則結婚やなんて、無理やろ」

20210105映画1F7-1-4.JPG

「あんないっぱいお客さん来て、いかったねか」などと。

 

20210105映画1F2-0.JPG


ページトップ