ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20201027映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和21027日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和5859年にかけてNHK総合テレビで放送された、第233235話です。

 

百貨店での配送の仕事をすることになった仁は、東京へ出てきたのは、時代の先端を行く企業で働きたかったからだと、紹介してくれた戦友に伝えた。

20201027映画1F1-1-4.JPG

すると、戦友は、学歴が大事なのだと。

 

20201027映画1F2-1-4.JPG

初子が、仁のところへ送った手紙が、転居先不明で戻って来た。

 

初子が、連絡して尋ねると、仁は百貨店を辞めて10日経つと言う。

そして、仁はどこへ行ったのか、分からなかった。

20201027映画1F3-1-4.JPG

ある日、亡くなった長男雄の戦友川村が店を訪ねてきた。

 

川村は、亡くなった雄から、初子のことを頼まれ、もし、生きて日本へ帰れたら、初子を幸せにしてやってくれと。

20201027映画1F4-1-4.JPG

川村から結婚を申し込まれた初子だったが、断った。

 

そして、川村は、どうせ商売をするのなら駅前の土地を買ったから、おしんが使うなら貸すと。

20201027映画1F5-1-4.JPG

「仁、家を出て東京の百貨店に勤めたけど、すぐ辞めたがいね」

「大きいとこちゃ、学歴がなかったらダメなこと、身に染みたがやろ」

20201027映画1F6-1-4.JPG

「雄の戦友川村さん、気遣ってくれるがやけど、何やっとる人ながいろ」などと。

20201027映画1F2-0.JPG

 

 


ページトップ