ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20200929映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和2929日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和5859年にかけてNHK総合テレビで放送された、第221223話です。

 

かつぎ屋の仕事は、おしんと初子の仕事になり、仁と希望、禎は学校へ復学するようになった。

20200929映画1F1-1-4.JPG

そんなある日、男がやって来て、この家から出て行けと言う。

空き家になるから軍に借りてもらった、帰ったらすぐに明け渡すと言う約束だったのだと。

20200929映画1F2-1-4.JPG

おしんは、夫が軍を通じて譲り受けたものだと言ったのだが、聞き入れてくれない。

20200929映画1F3-1-4.JPG

おしんは、立ち退きを迫られたのだが断り、2家族の同居生活が始まった。

 

山形の実家へ向かい、兄に、金を借りようとしたのだが、貸してはもらえなかった。

20200929映画1F4-1-4.JPG

家に戻ったおしん、玄関先で男の姿を見かけて声をかけたら、雄の戦友で、面会に行った際おはぎをご馳走したあの川村だった。

20200929映画1F5-1-4.JPG

そして、川村が、雄が戦死したことを、おしんに伝えた。

 

「かわいそうに、長男の雄、本当に死んだがいね」

「竜三もおらんがなったし、おしんこれからどうするがいろ」などと。


ページトップ