ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20200901映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和291日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和5859年にかけてNHK総合テレビで放送された、第212214話です。

20200901映画1F1-1-4.JPG

学業途中で入隊した雄は、新兵としての教育を受けており、はがきを受け取ったたおしんは、おはぎと荷物などを持って会いに行く。

20200901映画1F2-1-4.JPG

雄は幹部候補生になり、まもなく陸軍予備士官学校へ入校するのだと。

20200901映画1F3-1-4.JPG

持って行ったおはぎは、雄の友人にも分けてあげることに。

 

しばらくしてから、竜三の兄亀次郎から、雄は南方へ派遣されたことを知った。

20200901映画1F4-1-4.JPG

そして、9才の禎を連れ疎開先の家を訪れたおしんは、禎におばさんの言うことを聞きなさい、と念を押した。

 

また、仁が、少年飛行兵に志願すると言い出し、三重の航空隊へ入隊した。

20200901映画1F5-1.-4JPG.jpg

おしんは、とうとう3人の子供を、手放すことになってしまったのである。

 

「雄、とうとう、南方へ行くことになってしもたがや」

「仁も、航空隊へ行ったし、これからどうなるがかね」

20200901映画1F6-1-4.JPG

「禎も、疎開してしもたし、うちん中、急に寂しなったわ」などと。

20200901映画1F2-0.JPG

 


ページトップ