ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20200716映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和2716日(木)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和58年にNHK総合テレビで放送された、第185187話です。

 

おしんが、加賀屋へ電話をかけても、この電話は使われていないと。

そして、郵便を送っても届かない。

20200716映画1F1-1-4.JPG

心配になったおしん、加賀屋へ行きたいと夫の竜三に伝えたら、いいと。

ところが、加賀屋には、もう誰もいないと知った。

 

ある日、店に浩太が来て、加代が見つかったと言うでは。

20200716映画1F2-1-4.JPG浩太から加代の住所と100円を受け取り、浩太の代わりに、加代が住む東京へ行ってくれと頼まれた。

東京の長谷川美容院へ着いたおしんは、加代に会いに行くと伝え、その住所を見せたら。

20200716映画1F3-1-4.JPG

すると、そこは女一人では行くところではないと、健を呼び、そこへ連れて行ってもらうことになった。

20200716映画1F4-1-4.JPG

そこで、加代の婿が相場で失敗し、自殺を。

大きな借金をして返せなくなり、東京へ逃げてきたことを知った。

20200716映画1F5-1-4.JPG

加代の親が病気になり、入院費のため、身を落としたのだと。

20200716映画1F6-1-4.JPG

「あの加賀屋がつぶれたって、えらいことやぜ」

「お加代、えらいことになっとたがいね」

 

「あんなに酒飲んどって、大丈夫やろか」などと。

20200716映画1F2-0.JPG

 


ページトップ