ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20200714映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和2714日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和58年にNHK総合テレビで放送された、第182184話です。

 

おしんが、母ふじの看病をしながら、元気になって子供たちと一緒に山形へ一行こうと言うが、ふじは、足も立たず体に力が入らないから、それは無理だと。

20200714映画1F1-1-4.JPG

おしんは、母のふじを背負って、山形の実家へ向かうことに決める。

 

長男の庄治は、知らせてあったのに、駅へ迎えに来なかった。

ふじを背負ったおしんは、雪の中を一歩ずつ実家へと

20200714映画1F2-1-4.JPG

おしんが、ふじにお粥を食べさせながら。

「金儲けできるようになったら、ばあちゃんや母ちゃんに、白い飯食べさせてやるたいと思った」

「腹いっぱい食べさせられるようになったら、かあちゃん食えなくなった」と。

20200714映画1F3-1-4.JPG

母ふじは、山形の家へ着いた日の翌日に、その生涯を。

20200714映画1F4-1-4.JPG

おしんが、店に戻ってしばらくし、酒田の加代から手紙が届き、中に子供が出来たお祝いにと10円の為替が。

20200714映画1F5-1-4.JPG

おしんが、加代にお礼の手紙を出したのだが、それが戻ってきた。

 

「おしんのお母さん、とうとう亡くなったね」

「おしん、雪のなか、よう背負って帰ったもんやわ」。

 20200714映画1F6-1-4.JPG

「でも、お母さん、山形の家へ帰られて、いかったねか」などと。

 

20200714映画1F2-0.JPG


ページトップ