ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

20200618映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和2618日(木)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和58年にNHK総合テレビで放送された、第158160話です。

20200618映画1F1-1-4.JPG

店の名前を加賀屋と決め、開店の日、入口にのれん出して、お客を待っていたのだが、1人もやって来ない。

20200618映画1F2-1-4.JPG

おしんは、残ったご飯をおにぎりにして、売り歩いたのだが、やはり買ってくれる人は、いなかった。

20200618映画1F3-1-4.JPG

お客が1人も来なかったため、おしんは店を閉め、チラシを作って、道行く人たちに1枚ずつ配り始めた。 20200618映画1F4-1-4.JPG

その日の夕方、飯屋にやって来たお客が6人。

前日、おしんの握り飯を無料でもらったからと、やって来たのだ。

そして、早速定食を注文。

 

その後も、続々とお客が入って来た。

 

ある日の夜、おしんの飯屋にやって来た客が、酒をもらいたいと。

20200618映画1F5-1-4.JPG

それを断ったおしんだったが、加代が金儲けになるからと酒を出すと、他の客も飲み始めた。

 

「おしん、どうとう、自分で店開いたがいね」

「商売が、上手ながやわ」

 20200618映画1F6-1-4.JPG

「でも、店で酒だしたことで、なんかなけりゃ、いいがいけど」

 

20200618映画1F2-0.JPG


ページトップ