ホーム > 新着ニュース > 1階広場で、上映会


新着ニュース

1階広場で、上映会

202009映画1F1-0.JPG

1階広場で、上映会 

令和269日(火)午前1015分から、1階広場で連続テレビ小説「おしん」の上映会を開催しました。

 

昭和589月にNHK総合テレビで放送された、第149151話です。

20200609映画1F1-1-4.JPG

再会した的屋の健へ、おしんは、手が思うように動かず、髪結いの仕事ができないことを伝える。

 

それならと、健から露店の仕事を紹介され、どんどん焼きの店を開くことに。

20200609映画1F2-1-4.JPG

そして、健の紹介で、長男の雄と長屋へ引っ越しすることになった。

 

おしんのどんどん焼きの店は、評判も上々で、子供たちや親子連れなどが集まってくるようになった。

20200609映画1F3-1-4.JPG

健は、その後も、何かとおしんのことを気遣い、長男の雄の世話もしてくれていた。

 

どんどん焼きの店を閉じ、健に送られて長屋へ帰ってきたおしん。

長男の雄を寝かせつけようと、部屋の中に布団を敷いた。 20200609映画1F4-1-4.JPG

そこへ、黙って戸を開け、声もかけずに、すごい形相で入って来たのが。

 

「おしん、やっと、うまいこと行っとるなと思ったがに、この先どうなるがいろ」

「旦那も旦那やぜ、おしんのこと、なんとかしてやれんがかね」 20200609映画1F5-1-4.JPG

「あれやったら、あの長屋、出るしかないかも知れんぜ」などと。

 

20200609映画1F2-0.JPG

 

 


ページトップ